うつ病

● ストレスの高い看護師の職場

 看護師は患者さんの命を預かる立場上、大変高いストレスと緊張の中、長時間勤務しています。夜勤もあり、いざという時に少しのミスも許されない厳しい仕事でもあります。明るく健康な看護師であっても、身近な人がなくなったり、いろいろなことで落ち込むことがあります。どんなに悲しくとも心は時間とともに健康な状態に戻ろうとします。けれども、激しい落ち込みの状態が3週間以上続いているようであれば、注意する必要があります。

● うつ病は判断しにくい病気 
 
 意外なことですが、「うつ病」は、落ち込みだけではなく、心身ともに症状があらわれてきます。激しい落ち込みだけでなく、頭痛・腰痛・肩こり・めまい・睡眠障害など、人によって症状が変わります。そのため大変気づきにくい病気です。
 また、本人が本当に辛くてどうにもならない状態になっていても、数値として現れませんから、周囲の人にも理解されにくい病気です。「怠けてるんじゃないの?」「心が弱いのでは?」と思われ、さらに辛い状況に追い込まれます。
 
● うつ病は脳の機能障害
 
 うつ病は、自分のやる気や意思で治せるものではありません。脳内の「伝達物質の低下」によって、脳からの命令が伝達しにくくなることにより起こるメンタル不全です。ですから、「薬による治療」や「専門家による心の治療」をされて初めて楽になれるのです。
 うつ病になりやすい人は「責任感が強く、使命感、義務感、奉仕の心」が人一倍強い人と言われます。だから、自分の状態について「自分の能力がないせいだ」とか、「自分の頑張りが足りないせいだ」と責め続け、さらに自分を追い込んでしまいます。
 そして、職場の評価はさらに低下し、自分に失望し、ついには自ら命を絶つ人もいます。このような状態になるまで自分も周りの人も気づかない、怖い病気でもあります。

● 早期発見のために

【セルフチェック】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
□ 抑うつ気分の出現
 「気分が晴れない」「憂鬱だ」「ずっと落ち込んでいる」
□ 意欲や興味関心の低下
 「何もやりたくない」「以前の趣味に関心がまったくなくなった」「楽しいと感じられない」
□ 不安・焦燥感
 「いろいろなことが突然心配でたまらなくなる」「イライラする」
□ 思考力・判断力・注意力の低下
 「集中できなくて周りの話が理解できない」「どうすればいいのかわからない」「簡単な状況判断なはずなのに時間がかるようになった」
□ 自責感
 「みんな自分が悪い」「自分はダメな人間だ」「自分のせいだ」
□ 希死念慮
 「いなくなってしまいたい」「死にたい」「消えてしまいたい」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 心の方が深く落ち込み、強い不安感が突然おそってきたり、表情がなくなって、理由もなく涙を流したりすることがあります。今まで楽しいと感じていたことに全く興味がなくなり、仕事への関心や意欲も失ってしまいます。
 普通にできていた仕事なのに時間が掛かり、周りの人の話も意味がわからなくなったり、状況判断ができなくなったりします。主婦の場合は、家事が全く手につかなくなったりします。もっと状態が悪くなると、「死にたい」「消えてしまいたい」「自分がいるからかえって迷惑をかけている」と思ってしまいます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
□ 睡眠障害
 「眠れない」「朝早く目が覚めてしまう」
□ 食用低下
 「お腹がすかない」「食べても美味しくない」「味を感じない」
□ 倦怠感・疲労感
 「だるい」「すぐに疲れる」
□ 不定愁訴
 「頭が痛い」「めまいがする」「お腹の調子がおかしい」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 睡眠障害はうつ病患者によく見られる症状で、これが組み合わさることで、さらに症状を辛いものにしています。睡眠は心の回復に必要なことですが、睡眠障害があることで余計に精神が憔悴していってしまうのです。「起床時間の2時間前に早く起きてしまう」という症状がうつ病の最も特徴的な症状です。
 
 頭痛・腰痛・腹痛・下痢・便秘・胃のむかつき・めまい・痺れ・動悸・ほてり・異常な発汗・肩こり・月経不順など、様々な症状が次々と襲ってきます。
 これらは、自律神経のバランスが崩れたために起こってくる症状です。原因がはっきりせずに長く続くようであれば、うつ病の可能性が高くなります。(更年期障害やほかの重病の前駆症状でもありますので、内科も受診しましょう)

● 周囲に助けを求めましょう

 「うつ病」の病気の兆候について知っておくと、深刻な状態に陥る前に気づくことができます。自分でちょっとヤバイかな……、と思い始めたら、友人や家族や同僚に話してみましょう。周囲の人のほうがあなたの状態について正確に把握しています。適切なアドバイスをし、助けてくれるでしょう。
 「おかしいな…」と思ったら、必ず周囲の人に助けを求めましょう。早期発見・早期治療。きちんと治療すれば、体の方も楽になるはずです。

● 相談できないときは

 インターネットでメンタルヘルスをすることができるサイトもあります。ポータルサイト「心の耳」ではうつ病についての知識や情報をたくさん得ることができます。体験談や家族や友人の対応に関する情報もあります。緊急窓口もありますからぜひご覧下さい。
 精神科医がネットのSkype(動画付き電話)などを利用して診断・治療をしてくれます。これならば、同僚に知られることなく自分ですることができます。

 けれども一番いいのは、しっかりと今の自分に向き合って、真正面から「うつ病」の治療をすることが大切だと思います。
 自分の症状がよく似ていると感じた方は、明日の自分を信じて、治療の方向へ切り替えていただけますよう、心より願います。
 
◆ 心の耳
http://kokoro.mhlw.go.jp/

◆「心の健康 気づきのヒント集」 厚生労働省
http://www.jaish.gr.jp/information/mental/

◆認知行動療法
*「ここれん」
http://www.brainway.jp/kokoren/index.html

*認知行動療法センター
http://www.ncnp.go.jp/cbt/about.html

*厚生労働省 うつ病の認知療法・認知行動療法
(患者さんのための資料)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/shougaihoken/kokoro/dl/04.pdf

☆ いのちの電話一覧
⇒ http://www.mh-net.com/other/ichiran4.html

* メンタル☆ヘルス☆ネット
⇒ http://www.mh-net.com/

* ジャストアンサー just anwer.精神科
 精神科医が24時間受付しています。15分で今すぐ回答します。
⇒ http://goo.gl/XkZvpZ

* うつ・不安ネット
 簡単なうつ病チェックがすぐにできます。
 簡易抑うつ症状尺度(QIDS-J)
⇒ https://www.cbtjp.net/qidsj/

☆Skypeで精神科を受診 「みゆきクリニック」
⇒ http://www.mental.or.jp/treatment/net_treatment01.html

☆Skypeの使い方
⇒ http://www.skype-lab.com/

☆スマートフォンでのSkype
⇒ http://goo.gl/0xalx

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>